• ホーム
  • バイアグラのジェネリック医薬品って何がおすすめ?

バイアグラのジェネリック医薬品って何がおすすめ?

コーヒーを飲むカップル

バイアグラは特許が切れたことから、有効成分のシルデナフィルを利用したジェネリック医薬品が世界中から販売されています。
画期的な治療薬として販売され、世界的に有名だったため、その数はすでに数え切れないほどの種類が用意されています。
どの薬を選ぼうか迷っている人はジェネリックならカマグラゴールドが人気ですのでおすすめです。
また国産なら医師の処方で購入出来ますし、安心して利用できる点が強みとなっていますが、たとえジェネリック医薬品であっても1錠1,000~1,200円ほどと、まだまだ薬価は高い傾向にあります。
用意されているのは25mgと50mgの2種類で、どちらも値段の違いはないので、25mgを使用するなら、あえて50mgを購入してピルカッターで半分にして使用するとお得になります。
海外製は特にインドが開発する薬が人気で、1錠あたり300~500円程度の薬価、一般的には100mgで流通しています。
100mgは成人でも強すぎる容量なので、必ずピルカッターで半分にすることが必須となりますが、とても安く利用できるのが特徴です。
錠剤だけでなく水に溶かして飲む発泡剤やゼリー状、トローチ、チュアブルタイプなど、フルーツ味のついたものもあるので、飲みやすさを考慮するなら断然こちらのタイプがおすすめと言えます。
カマグラ以外にもカベルタも人気のED治療薬になります。
カマグラは4錠入りなのに対してバイアグラジェネリックのカベルタは8錠入りになっているので服用する機会が沢山ある方にはおすすめの治療薬になっています。
海外製のバイアグラジェネリックは日本では流通していないので、個人輸入によって購入することになりますが、中には悪徳業者もいるので、購入する際は十分に注意をしましょう。

関連記事