• ホーム
  • 塗るタイプのバイアグラについて

塗るタイプのバイアグラについて

薬のケースを持つ人

塗るタイプのバイアグラとして知られているのは、ベガHクリームです。
ベガHクリームにはリドカインという局所麻酔と、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルが配合されています。
性行為の前の30分前に陰部に直接塗ることで最も効果を高く得られます。
人間の皮膚は成分を吸収しやすい場所とそうでない場所があり、手の指など厚い部分に塗っても効果はありません。
首は皮膚が薄く吸収率は高いですが、即効性があるのはデリケートな陰部です。
クリームを塗った後は、シルデナフィルで性的興奮を覚える陰茎がカチカチに硬くなり、リドカインによって陰部の感覚が麻痺します。
これによって早漏を改善するので、パートナーも満足させられます。
錠剤のバイアグラが苦手な人には便利で、経口摂取よりも副作用が少ないです。
塗りすぎると局所麻酔の影響が強く出て快感を得られない可能性があります。
最初は量を少なめにして、自分に合った量を見つけます。
ベガHクリームは女性にも効果をもたらします。
よって陰茎に浸透させたら洗うのが基本です。
もし洗わないで性行為を始めた場合は、コンドームで成分を浸透させないようにします。
副作用にはめまいや頭痛、消化不良などがありますが、有効成分が体から抜けると症状もなくなります。
勃起した状態が長く続くと副作用が出やすいです。
勃起状態から射精できない場合は、医師の診察を受けて被害を抑えます。
ベガHクリームは、アメリカのニューヨークの本社があるシグネチャーファーマ社がシンガポールやインドから販売しています。
日本の厚生労働省は服用を許可していませんが、効果の高さは世界の様々な国で認められています。
1箱に15g入って、3000円ほどで買えます。

関連記事