• ホーム
  • 海外のバイアグラの入手に問診票は必要ない

海外のバイアグラの入手に問診票は必要ない

自信を持っている男性

海外のバイアグラを入手する際には、問診票などの診察表を提示する必要はありません。
なぜかというと、海外のバイアグラというのは日本国内の正規品と異なってジェネリック医薬品として提供されているからです。
つまり、形としては日本国内の一般市場で販売されている風邪薬などと何も変わりがありません。
日本国内で風邪薬をドラッグストアで購入するときにわざわざ問診票を持って行かなくても良いように、海外でバイアグラのジェネリック医薬品を入手するときには問診票が必要にならないわけです。
そもそも、日本国内で言われるジェネリック医薬品とはどのようなもののことを意味するのでしょうか。
ジェネリック医薬品というのは、簡潔に言うと後発医薬品のことを意味しますので民間企業が作っている薬のことを指します。
本来、研究機関などで薬が開発されるとそうした薬は先発医薬品として著作権や特許などが付けられます。
著作権や特許が存在すると、その薬に使われている薬の成分は他の会社は使うことができなくなりますので、先発医薬品が作られた数年から数十年は他の会社は同じような薬を開発することができなくなるわけです。
一方で、著作権などが切れて自由に民間企業が開発することができるようになるとそれを商品として一般市場に販売することができるようになるので市場の価格で薬を販売することができるメリットが出てきます。
そのため、内外を問わずに販売されているジェネリック医薬品は、クリニックで処方されている薬よりも遥かに安い価格で購入することができるわけです。
バイアグラを海外で購入しようとする殆どの人はこうした値段のやすさを期待してのことなので、継続的に購入したい時には買いやすい薬だといえます。

関連記事