• ホーム
  • EDじゃないのにバイアグラを飲むとどうなるの?

EDじゃないのにバイアグラを飲むとどうなるの?

白い薬と瓶を持っている人

勃起不全症(ED)とは文字通り勃起が起こりにくくなってしまった状態をいいます。
勃起不全症を発症する原因には様々なものがあります。
例えば、糖尿病、高血圧などの生活習慣病による動脈硬化の進行、下腹部の手術、外傷歴、精神的要因、中枢神経系の異常などが勃起不全症を引き起こすことがあります。
こういった勃起不全症に対して用いられる治療薬としては、バイアグラ、レビトラ、シアリスが挙げられます。
この3つの医薬品はいずれも同じ作用機序を有しています。
具体的に説明すると、血管平滑筋でホスホジエステラーゼVという酵素の働きを阻害することによってサイクリックGMP(cGMP)の濃度を上昇させ、これによって血管平滑筋の弛緩が起こります。
すると血管は拡張するので血流が改善します。
すると陰茎海綿体により多くの血液が流入するようになり、結果として勃起を引き起こしやすくなるのです。
しかし、陰茎部以外の血管も拡張してしまうため、心疾患を持つ方には特に注意が必要な薬であり、頭痛、めまい、低血圧などの副作用を引き起こすことがあります。
また、いずれの勃起不全症治療薬もCYP3A4という酵素によって代謝を受け消失します。
よって、CYP3A4で代謝される他の薬剤と併用することで相互の作用を増強し、副作用を発現しやすくしますので、併用薬がある場合には注意が必要です。
勃起不全症ではない方がバイアグラを服用した場合に関してですが、その場合、普段よりも勃起しやすい状態となります。
また性行為が終わった後にも勃起状態が継続しやすくなる可能性があります。
頭痛、めまい、低血圧などの副作用に気を付ける必要はありますが、特に服用しても問題はありません。

関連記事